健康保険取扱い医療機関

はじめての方へWeb予約求人案内お問い合わせ

 
HOMEコンセプトドクター・スタッフ紹介医院紹介アクセス

よくある質問

HOME»  よくある質問

横浜市・港北・東横・妙蓮寺駅でインプラント治療・歯周病なら、さかきばら歯科のよくある質問

インプラントのQ&A

インプラントは本当に普通の健康な歯と同じように噛めるのですか?

インプラントは、本来の歯と同じように顎骨に固定するので、自然歯と同じくらいの力で噛むことができます。また、噛む感触も骨を通して伝わります。
医療法人社団 港央会 さかきばら歯科で治療されたほとんどの方がその力を実感しています。

インプラント治療は高齢でも受けられますか?

基本的には、骨の成長が落ち着いた20歳以降が良いでしょう。高齢者の方でも、全身疾患をお持ちの方以外は問題ありません。
必要な場合、かかりつけのお医者様と連絡を取り、全身状態を確認してから手術を行っております。
また、術中は生態管理モニタを使用していますので安全です。
さらに必要な場合には、麻酔の専門医による全身管理を行いながら手術をしていますので、万全の状態で治療を受けていただけます。

インプラントは治療費用が高いと聞いたのですが・・・・

インプラント治療は基本的に保険が効きませんが、医療費控除の対象となっております。
一般的に、手術費用・材料費・治療費やその他に検査費用がかかります。
挿入するフィクスチャーの数や人工歯の素材、制作にかかる技術などの要素で金額が変わります。
治療での詳しい費用は、治療前に文書で提示しています。お支払については各種クレジットカードの使用可能です。詳しい費用は直接ご相談ください。

インプラント治療は痛くないですか?

インプラント手術では一般の歯科治療で用いる局所麻酔を使用します。術中の痛みはこの局所麻酔で十分抑えることが可能です。
術後、麻酔が切れると多少痛みが出てきますが特に強いと言うことはなく、頓服の鎮痛剤で抑えられる程度です。
実際に当院で治療された方の多くは、「思っていたより全然痛くない」とおっしゃっています。
多数のインプラントを一度に埋入する場合や、サイナスリフトなど規模の大きな手術を行う場合や、治療に対して恐怖心のある方は、麻酔専門医によるリラックス麻酔にて、半ば眠っている間に、手術を終わらせることが可能です。

インプラントは何年くらいもつのですか?

世界で初めてチタンのインプラントを使用したケースでは、35年以上機能し続けているという報告があります。
また、治療完了後10年後に問題ないケースが95%以上あるいは97%以上という報告があります。
もちろんそれ以上使用できることはいうまでもありません。一度完成して、噛めるようになった後、インプラントの寿命はメンテナンスの状態に左右されます。
当院ではなるべく長く患者様に使用していただけるよう、メンテナンスのプログラムも組んでおります。

PAGETOP

審美治療のQ&A

ホワイトニング効果の持続はどれくらいですか?

個人の歯質や生活習慣、年齢などによって大きく差が出るため一概には言えませんが、半年から一年程度を目安にお考えください。
喫煙者やコーヒーや紅茶を愛飲する方は、効果が持続しにくいと言えますが定期的なオフィスホワイトニングをお勧めします。

効果は長く続くのでしょうか?

定期的な検診と歯科医師の指示に従ったホームケアを続ければ、長期的に保つことが可能です。

差し歯の色がくすんできたのですが、ホワイトニングの対象ですか?

差し歯の色はホワイトニングでは白くできません。保険内で作る差し歯は変色しやすいため、変色しにくいセラミック製の差し歯に替えることをお勧めします。

神経を抜いた後の歯を白くすることはできますか?

ホワイトニングができる場合もありますが、神経を抜いて何年も経った歯は変色していきますので、セラミック製のクラウンに交換することをお勧めします。

PAGETOP

予防歯科のQ&A

予防歯科ってどういうものですか?

お口の中に悩みがある人だけが歯科医院で治療するわけではありません。検診やPMTCなどを定期的に行い、虫歯や歯周病にならないようにすることが予防歯科です。

歯磨きだけではダメですか?

虫歯や歯周病にならない為の一番の方法は、やはり「歯磨き」です。
普段の生活でお口の中に広がる汚れは、しっかりとしたお手入れ法を身につけていれば、「歯ブラシ」と「フロス」で十分に落せるものです。
当院では正しいブラッシングの方法も指導いたしますので、お気軽にご相談ください。
とはいえ、すみずみまで磨けている人はなかなかいません。どうしても磨き残しが出来てしまいます。
そういう部分は歯科医師や歯科衛生士などのプロの手で定期的にPMTCを行う方が、より現実的な虫歯予防になるでしょう。

なぜキシリトールは歯にいいの?

虫歯の発生を少なくするためで、これは疫学的な研究によって明らかになっています。しかしキシリトールだけでできている製品はありません。
成分の中に砂糖や発酵性の炭水化物が入っていると、効果は期待できません。また、キシリトールが含まれている食品で「歯によい」ものは、シュガーレス表示があるガムか、タブレット(錠菓)に限られます。

キシリトールの効果はどれくらい?

1日3回100%キシリトールガムを摂取してプラークが減るのは1~2週間です。更に3ヶ月間摂取すると、虫歯になりにくい状態になります。その後3ヶ月くらい摂取を辞めても効果は持続するようです。
ただしキシリトールを使った虫歯予防法は追加型と呼ばれ、現状の虫歯予防法(歯ブラシ、フッ化物、正しい食生活、歯科定期検診など)に取って代わるものではないことを理解しておいてください。

PAGETOP

矯正治療のQ&A

矯正治療はいつから始めるのがよいのでしょうか?

口腔内の状態によりますので一概には言えません。永久歯が生えそろう前が良い場合もあれば、生えそろってからの方が良い場合もあります。矯正治療をお考えになった段階ですぐ歯科医に相談して頂くのが一番良い時期に矯正治療を始めることが出来ます。

痛みはありますか?

個人差もありますがご自分の歯に矯正装置が装着されますので2、3日は歯が浮いたような違和感や多少の痛みを感じる方もいらっしゃいますが4、5日ぐらいでかなり解消されます。それでも痛みが引かないようでしたらすぐに担当医にご相談ください。

治療期間はどのくらいですか?

歯並びやかみ合わせにもよりますが、平均して1~2年ぐらいです。装置を外した後も移動した歯が後戻りしないよう保定装置の装着期間も2年ぐらいあります。

矯正装置が目立つのがいやなのですが?

通常の矯正装置が前面に装着するのに対し当院では裏側(舌側)に装着する治療もございます。裏側でした日常生活ではほとんど目立つこともないので女性の方や接客のお仕事をされている方でも気兼ねなく治療が可能です。ご希望の方は是非ご相談ください。

PAGETOP

小児歯科のQ&A

歯の一部が黒く見えてる部分は虫歯でしょうか?

その可能性はあります。お子様が「歯が痛い」または「しみる!」などを訴えていなくても神経に伝わっていないだけで、実際は進行している事があります。早めに受診をしたほうがいいでしょう。

乳歯のムシ歯は、生え変わるから治療は必要ないのでは?

乳歯のムシ歯をそのままにしておくと、永久歯の歯並びや歯質に悪い影響が出てくる可能性があります。
乳歯のムシ歯を痛くないからといって、そのままにしたり、早い時期に乳歯を失ってしまうと、隣り合っている歯が移動して永久歯が生えるスペースが確保できず、歯並びが乱れたり永久歯が生えてこれなくなってしまいます。
早めに受診をしたほうがいいでしょう。

甘いおやつは控えた方がいいですか?

ムシ歯予防のために、甘いおやつを絶対食べてはいけないということはありません。食べ方を工夫すればよいのです。
甘いおやつが食べたければ、1日1回食事の後すぐのデザートにしたり、ダラダラ食べず、甘いおやつと甘くないおやつや甘くない飲み物(お茶・牛乳・水)とを組み合わせ、全部で10分以内で食べ終わる量にするとよいでしょう。食べた後は早めに歯を磨きましょう。
けれども、3才までは甘い物を遠ざけるのが、歯質・味覚の発達の面でも良いと思います。

永久歯が乳歯に比べて黄色いので心配ですが?

永久歯は、乳歯に比べ時間をかけ顎の骨の中で成長するので、密度が高く乳歯より黄色いのが普通です。
歯の表面が欠けていたり、生えた後で黄色く変色してきたなら問題ですが、他の永久歯と比べて同じ色なら心配ありません。

CONTENTS
神奈川県横浜市港北区
仲手原2-43-33
大きい地図はこちら
さかきばら耳鼻咽喉科 初めての方へWeb予約はこちら院長&スタッフブログ株式会社クレストデンタルアート
メディア掲載
婦人公論
Yokohama Walker
専門医が教える歯の守り方
Q&Aでわかる いい歯医者

週刊朝日MOOK「専門医が教える『歯』の守り方」、「いい歯医者」にてさかきばら歯科が掲載されました。